読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最強カード! ANA VISA ワイドゴールドカードの威力(最大マイル還元率1.71%)

f:id:MILEAGE:20170506185306j:image

www.ana.co.jp

現在ANAカードにおいて陸マイラー最強カードと言われているのが、「ANA VISA ワイドゴールドカード」です。

なんと言っても1.71%の最大還元率が魅力で、多くの方が所有していることかと思います。今回はこのカードの紹介をさせて頂きます。

 

還元率だけで言えば、実際は「ANA ダイナース プレミアム」や「ANA VISA プラチナ プレミアム」など、最大還元率が約2%と高いものもありますが、年会費がバカ高く、高額決済をする人以外には現実的ではないのでおすすめはしません。

陸マイラーでポイントサイトだけでなく、普段の支払いでもカードポイントを貯めてマイルに交換したいと思っている人にはこのカードをおすすめします。

実際、私もメインカードとして使用しており、高還元率の恩恵を受けております。

 

ただ、このカード、ただ単に使用しているだけでは年会費14000円+税と少しお高めであり、且つ還元率が1%と低いことに注意が必要です。

年会費はマイ・ペイすリボとWEB明細の登録で9500円+税に抑えることができます。

また、還元率1.71%を実現するには、リボ払いをし(ボーナスポイントが貰える)、ソラチカルートによるマイル交換をおこない、年間300万円以上の決済(年間ステージ最高ランクV3の達成)を必要とします。

300万円の決済なんてできないよ~と言う人でも、最低でも約1.5%までは還元率を上げられるのでご安心ください。

また、リボ払いも手数料を払わなければいけないということで身構えてしまうかもしれませんが、毎月の支払い額が確定した後、期限内にその月の支払額を請求額より気持ち少な目に変更することで、10円、20円といったわずかな手数料に抑えることができます。

このちょっとした手間さえクリアできれば高還元を受けることができます。

 

 

 [目次]

 

1.マイ・ペイすリボ

マイ・ペイすリボは三井住友カードの支払い制度です。

支払い方の詳細は下記住友ページをご参照ください。

www.smbc-card.com

このリボ払いをすればポイントが2倍貰えて、更に年会費まで安くなるのです。

三井住友以外の他社ANAカードではこの割引制度はおこなっていませんので、このカードの長所でもあります。

注意していただきたいのが、マイ・ペイすリボに登録しても、リボ払いをして手数料を払わないとボーナスポイントが貰えません。

また、ポイントが2倍になったら還元率も2%?と思うかもしれませんが、残念ながらそうではありません。

しかし、このポイント2倍というのが最終的に最大還元率1.71%を実現させる重要な制度なのです。

 

まず、三井住友カードには通常ポイントとボーナスポイントの2種類があるのを覚えておいてください。

リボ払いで1000円分決済すると、通常のポイント1ポイントに加え、ボーナスポイントというものが1ポイント付きます。

ANA VISA ワイドゴールドカード」では、1ポイントは直接10マイルに交換できますが、このボーナスポイントは1ポイントで3マイルにしかなりません。

この時点でのマイル還元率は1.3%になります。目標とする1.71%にするために更に還元率を高めていきましょう。

次にボーナスポイントのマイル交換率を更に高める方法を紹介します。

 

2.ソラチカルートについて

先ほど、通常ポイントは1ポイントで10マイル、ボーナスポイントは1ポイントで3マイルと言いました。

通常ポイントに関しては、そのままマイル交換をするルートが最も交換率が高いのです、何も考える必要がありませんが、ボーナスポイントはそのまま交換して3マイルにするより、ソラチカルートに乗せた方がお得です。

具体的に言うと、

 

ボーナスポイント→Gポイント→メトロポイント→ANAマイル

f:id:MILEAGE:20170506212712j:plain

 

のルートになります。Gポイントサイトにアカウント登録をし、ソラチカカード(ANA ToMe CARD PASMO JCB)を使用したソラチカルートでポイントを移動させるだけで、本来なら0.3%還元だったものが、0.4455%の還元にまで増やすことができます。

これにより、通常ポイントとボーナスポイント合わせて1.4455%の高還元率を叩き出せます。

ソラチカカードはポイントサイトでもこの様にカード決済でもポイントからマイルへの高交換率を実現するための必須カードとも言えますので必ず発行しておきましょう。

ANA ToMe CARD PASMO JCB

www.to-me-card.jp

 

 

3.決済額によるステージ

三井住友カードでは決済額に応じたステージというものがあります。

それは、翌年に反映され、前年度の決済額によりV1、V2、V3と変わります。

そのステージに対応した割合で、決済額に応じたボーナスポイントが更に追加されるのです。

 

・通常ポイント+ボーナスポイント(マイ・ペイすリボ利用)+ボーナスポイント(ステージと決済額に応じた)

 

具体的には、

年間50万円以上の決済→翌年からステージV1

年間100万円以上の決済→翌年からステージV2

年間300万円以上の決済→翌年からステージV3

となります。

 

f:id:MILEAGE:20170506205440j:plain

 

ステージV3になると、ステージに応じたボーナスポイントからマイルへの還元率は0.2673%になります。

これも勿論ボーナスポイントですので、ソラチカルートで交換しています。

よって、通常ポイント+ボーナスポイント(マイ・ペイすリボ利用)の還元率1.4455%に、ボーナスポイント(ステージと決済額に応じた)の還元率0.2673%を足して、1.7128%の最高マイル還元率を実現できるようになります。

 

ちなみに、

V2ステージだと1.5787%

V1ステージだと1.5346%

のマイル還元率になります。年間300万円の決済が厳しい人でも、年間50万円の決済で1.5%以上の高還元率にすることができます。

 

ここまで高還元率になるなら陸マイラーの必需品とも言ってもいいかもしれませんね。

 

4.お得に入会するには

ANA VISA ワイドゴールドカード」をどのように発行するのが一番得なのかというと、「マイ友プログラム」の利用です。すでにANAカードを持っている人から紹介を受けて、その人の登録番号と名前を入力してカードを作成するだけで、入会キャンペーン以外にプラス2000マイルもらえる「マイ友プログラム」というキャンペーンをやっています。

ただし、マイ友プログラムはANA VISA等のANAカードを1枚も持っていない方のみ対象のキャンペーンなのでご注意を。

 

周りにANA VISA等のカードを持っている人がいなく、紹介を受けれないようでしたら当サイトより紹介いたしますのでご連絡ください。

問い合わせフォームにて紹介者氏名、紹介者番号を問い合わせ頂き、

下記のANA 公式サイト「マイ友プログラム」から入力頂く事で2000マイルが貰えます。

 

keismileage.hatenablog.com

 

www.ana.co.jp

 

5.まとめ

この「ANA VISA ワイドゴールドカード」ですが、ご説明したように発行する際に設定を工夫するだけで約1.71%という高還元率を実現することができます。発行してからも月に一度、請求額が確定した際に支払額を変更するだけなので、3分程度の作業で済んでしまいます。

この様なANAマイルを貯めている人なら誰しもが手を出したくなるカードを提供できている三井住友様には感謝ですね。

ポイントサイトだけでなく、普段の支払いからもマイルを貯めていこうという陸マイラーは、このカードを発行してどんどん稼いでいっちゃいましょう。