読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイルの稼ぎ方!20万マイル以上は当たり前!(初めに知っておくべき基礎知識)

f:id:MILEAGE:20170430212507j:plain

 巷において、マイルの貯め方として詳しくない人は、「飛行機に乗りまくるんでしょ?」、「クレジットカードをバンバン使うしかないんでしょ?」などと言っていると思います。それは誤解です!そんなに高額なお金を必要とするのでしたら、所詮会社員の私はとっくに諦めています。(笑)

 実は無駄なお金を使わず日常生活において少し工夫するだけで、マイルを使ってヨーロッパへファーストクラスで行けるようになるんです!決して夢物語ではなく現実ですよ!裏技でもなんでもありません。これからこのサイトで記述していく同じやり方で、年間20万マイル以上稼いでいる人が数えきれない程多くいるのも確かです。

 私の場合、日常生活において飛行機に乗らずに陸上生活でマイルを貯める、いわゆる「陸マイラー」です。そんな陸マイラーが実践すべき王道の稼ぎ方を紹介します。他サイトでは説明が細かすぎて、何が大切で知っておかなければいけない事か分かりづらいものが多く、また、閲覧数を増やしたいからか、「タダで」とか、内容を誇張した説明をした、間違った情報を書いているサイトもあります。本サイトでは理解し易く肝となるところだけをしっかりお伝えできればと思います。そして、クレジットカード紹介記事のところには、皆さんが発行する際、更にお得にマイルが貰えるよう情報を載せようと思っております。(例:SPG Amexカード→入会キャンペーンの10000マイルにプラスして7000マイル手に入れる方法など)

 

[目次]

 

 

1.飛行機に乗ってマイルを貯めるには無理がある

 

 ANAの上級会員でもない一般人が年に1,2回のフライトで貯められるマイルはたかがしれた数で、多くても数千マイル程度です。仕事で出張が多く、よく飛行機を利用する人なら貯まるでしょうが、そうでない人はこの稼ぎ方はオススメしません。というより、できないですもんね(^^;

 

 

2.持つべきクレジットカードは決まっている

 

 そもそも、冒頭にも述べた通り、クレジットカード決済のポイントだけを頼りに10万、20万、30万マイルと貯めようとするのならとんでもないお金を要します。一般人の買い物では到底無理な話です。

 例えば、決済額に対してマイル還元率1%(100円の決済で1マイル)のカードで買い物をしたとします。10万マイル貯めるには1000万円使わなければいけません。

 国際線往復航空券は12000マイルから利用できます。しかし、それでは隣近所の国程度の距離しか飛べません。それでも、120万円のクレジットカード決済が必要になります。ヨーロッパ往復ファーストクラスですと170000マイルぐらいですから、1700万円程の決済ですね。

 クレジットカードへのマイナスイメージが今の説明からついてしまったらすみません(笑)。ただ、マイルを貯める事においては、クレジットカードは大切な役割を果たす事を覚えておいてください。

 考えてみてください。世の中にはもっと還元率のいいカードがありますよね。また、生活費を積極的にカード決済すれば、生きるために使うお金は結構掛かっていますよ。家族分支払うなら自然と高額決済になります。そして、ポイントサイトについては後述しますが、ポイントサイトのポイントを高還元率でマイルに換える為に、必ず必要となるカードも存在します。

 ダラダラと書いてしまいましたが、具体的に持つべきカード名を挙げると、

 

・「ANA ToMe CARD PASMO JCB」(通称:ソラチカカード)+「ANA VISAワイドゴールドカード」

 ・「ANA ToMe CARD PASMO JCB」(通称:ソラチカカード)+「JACCS Extreme Card(ジャックスエクストリームカード)」

www.to-me-card.jp

www.ana.co.jp

 

www.jaccs.co.jp

 

 この2択になります。2枚持ちになるのはそれぞれ役割が違うからです。

 ソラチカカードに関しては、所有しているだけで買い物の決済時には使用しませんが、ポイントサイトを利用する際、0.9倍という破格のマイル交換率を実現するために必ず持っておきたいカードです。こんなに交換率のいいカードは他にありません。

 それに加えて、年間200万円ぐらいのカード決済をするならワイドゴールドカード、それ以下ならエクストリームカードでいいと思います。買い物で使用するのならこのどちらかがいいでしょう。この2つはマイル還元率がとても高く、それぞれ最大約1.71%と1.35%を誇ります。高額決済をするときはこの還元率の高さで還元率の低いカードと大きく違いがでます。

 気をつけたいのは、この2つのカードは年会費に大きく差があり、ワイドゴールドがWEB明細書サービスとマイ・ペイすリボに登録しすると年間約1万円のカードであるのに比べ、エクストリームカードは年会費無料カードです。この差を還元率と年間決済額を含めて照らし合わせ、個々に合うカードを選択して頂きたいです。

 ここで紹介したカードは陸マイラーが開設しているどのサイトでも名前が挙がる黄金の組み合わせといってもいいでしょう。クレジットカード雑誌でもこれを推しています。

 個々のカードの詳しい紹介は後日したいと思います。

 

・「ANA ToMe CARD PASMO JCB」(通称:ソラチカカード)

・「ANA VISAワイドゴールドカード」

・「JACCS Extreme Card(ジャックスエクストリームカード)」

 

 

3.ポイントサイトで20万マイル以上大量に稼ぐ

 

 適切なクレジットカードを選んで、現金ではなくクレジットカードで決済するだけでも日常生活で数万マイル貯まることは分かったと思います。しかし、せっかく目指すならビジネスやファーストクラスがいいですよね(笑)。もしくは、エコノミーでいいから年に何回も海外とか。

 それを実現するのは簡単な事です。ポイントサイトを使いましょう。ポイントが大量に貯まり、それをソラチカカードを経由して高交換率でマイルに換えることができます。システムがわからない人も多いと思いますので軽く説明をします。

 例えば私がポイントサイトを経由してショッピングサイトで買い物をしたとします。そうするとショッピングサイトから紹介料としてポイントサイトの会社にお金が支払われます。その一部をポイントサイトから利用した人にポイントとして還元しているわけです。

 そこで気づくと思いますが、カード決済をすれば、カードのポイントとポイントサイトのポイントの2重取りができるじゃないですか。場合によっては、ショッピングサイトのポイントで3重取りということも!しかも、利用するサイトによってはとんでもないポイントサイトのポイントが付くのでクレジットカードのポイントよりウハウハです(笑)

 しかも、ポイントサイトはショッピングだけでなく、クレジットカード発行の案件や外食モニター案件など、一発で2万マイル相当のポイントが貯まるものもあります。

 他のサイトで年間10万、20万マイル貯まると言っているのは、まさにこのことなんです。

 色々とポイントサイトでの稼ぎ方はありますが、個人的なおすすめとしては、下記になります。

 

・ショッピング

・ホテル、航空券予約

・外食モニター案件

・クレジットカード発行

  

hapitas.jp

 

ポイントサイト「ちょびリッチ」でお小遣いを貯めようf:id:MILEAGE:20170506212954j:plain

 

 ショッピング、ホテル予約、クレジットカード発行は「ハピタス」。外食モニターに関してはハピタスには無いため「ちょびリッチ」をおすすめします。

 多くのポイントサイトがありますが、ポイント管理の観点から分散させない方がいいのと、高還元率でポイントの移行がしやすいこの2つのサイトを利用しています。

 

 注意しなければいけないのは、ポイントサイトで貯めたポイントを高交換率でマイルに換えるにはソラチカカードを経由するといいましたが、月々の交換制限があり、20000メトロポイント→18000マイルまでとなっております。ということは、それ以上貯めてもソラチカルートが使えないため、0.5倍や0.6倍といった低交換率のルートでしかマイルに交換できません。他サイトで年間21万6000マイルを稼ぐと謳っているのはこのことからなんです。

 また、クレジットカードに関しては短期間に一気に発行しすぎると、審査が通りづらくなることにも注意です。 

 

 詳しいお話はまた後日書き足させて頂きます。(^^)